FXにおけるリスクとは

近年さまざまな投資がありますが、中でも人気が高いのがFXになります。

気軽にYahoo!知恵袋といえばこちらのサイトです。

これは外国為替取引のことで二国間の異なる通貨を交換することで金利で利益を得たり、価格変動で利益を得る投資になります。


投資はうまくいけば大金を手にすることもできますが、それには当然大きなリスクも付いてきます。

ではFXには主にどのようなリスクがあるのか見ていきましょう。



まずFXとは証拠金取引と呼ばれる投資になります。

これは証拠金を担保として預けることにより、レバレッジをかけて価格変動の利益を上げるものです。レバレッジは日本語ではてこの原理を意味しており、小さな金額でも大きな金額の取引を可能とするシステムです。


そうなれば利益が大きくなるだけでなく、損失も大きくなります。
場合によっては預けている証拠金を上回る損失を出してしまうリスクもあります。
簡単に言ってしまえば借金になるリスクがあるという事です。

このことを追証と呼び、その場合には下回った金額以上の証拠金を入金するか、もしくは建玉の全部または一部を決済することで追証を解消する必要があります。このほかのリスクとしては、二国間の通貨の金利差によってスワップポイントが発生をするのですが、金利の高い方の通貨を保有していれば金利を受け取ることができますが、逆に金利の安い通貨を保有しているとマイナス金利となり、損失を出してしまいます。

また金利目的として保有をしたとしても価格変動の影響も受けてしまいますので、たとえ金利が付いたとしてもトータルでは損失となる場合もありますので注意してください。